上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
萌車フェスティバル2011で撮影した
痛車たちの写真です。
オーナーさんに許可をいただいたものから
そうでないものまで。
不都合があればお知らせください。









































続きはまた今度。
スポンサーサイト
2011.08.30 Tue l mooの雑記 l COM(0) TB(0) l top ▲
萌車フェスティバル2011で撮影した
痛車たちの写真です。
オーナーさんに許可をいただいたものから
そうでないものまで。
不都合があればお知らせください。





































続きはまた今度。
2011.08.29 Mon l mooの雑記 l COM(0) TB(0) l top ▲
遅くなりましたが、
冬コミの申込をしました。
今回もらき☆すたで。
ジャンルは830FC青年なので、
配置は二日目の予定です。
四一郎さんに描いていただいたサークルカットはこちら。
今回こそカタログに掲載されるといいのですが…。


予定している新刊は
こなたxかがみのガチ百合本の予定です。
いつも通り、小説です。
コピー本で200円での配布予定です。
関西コミティアの本に引き続き、
2冊目のエロ本になる予定です。
2011.08.28 Sun l 同人誌、執筆中 l COM(0) TB(0) l top ▲
けいおんのフルラッピングされた京阪電車、
放課後ティータイムトレインに乗ってきました。




まずは石山駅でJRから京阪に乗り換え。
の、前に石山駅近くの踏切で撮影を。
1時間くらい待って、2回通過するところを撮影。
HTT電車を見送ってからすぐ後の電車に乗って追いかけて、
浜大津で下車。
カメラを構えている同士と思しき人たちが
その辺にちらほらと……。

駅付近で2時間弱で2回通過するところを撮影。
その後、HTT電車に乗って、終点の石山寺まで。
浜大津から乗ると座席が全て埋まっているくらいの
乗客がいたのですが……
石山駅で乗客の大半が降りると、撮影会開催。
この時を待ち構えていた同士たちが一斉に立ち上がり、
カメラを構えて車内のあちこちを撮影しまくり。
わずかに残っていた一般の乗客が
ドン引きしているのもお構い無し。
特にやっぱりと言うか、澪が人気で
澪のドアの前は人が群がりすぎて撮影待が発生する状態で…。

石山寺駅で折り返すのですが、
止まった瞬間、みんな電車を隅々までぱしゃぱしゃしてました。

今回の印象からでは、止まっている車両や内部を撮影するなら、
終点の石山寺駅か坂本駅で撮るのが良さそうな気がします。
今日は、HTT電車は以下のように運航されていたようです。
正確な情報ではなく、私が目撃した時間から逆算しただけのものです。
間違っていても文句言わないでくださいね。
他の時間は知りません。
方向 石山寺 京阪石山京阪膳所浜大津 坂本
石山寺方面14:48<-<-14:44<-14:36<-14:31<-14:15
坂本方面 14:58->15:02->15:10->15:15->->15:31
石山寺方面16:18<-<-16:14<-16:06<-16:02<-15:45
坂本方面 16:34->16:38->16:46->16:52->->17:08
石山寺方面16:45<-<-16:41<-16:33<-16:29<-16:12
坂本方面 17:55->17:59->18:07->18:12->->18:28

原寸大でご覧ください。
運行時間が書いてあります。



電車の写真は撮り慣れていないせいで、
いつも以上に失敗作が多かったです。
気に入る、気に入らないという話以前に
ピンぼけや手ブレが多くて…。
露出がいまいちだったり、光の反射で肝心の
絵がよく見えなかったりで…。
1時間に1回しかやって来ない電車、
撮り逃してなるものか!と焦れば焦る程
失敗している感じです。
他の機関車トーマスとか、日本昔話の
ラッピング電車なら、普通に撮れたんですけれどねぇ…。
つい肩に力が入ってしまって…。
まぁ、これから通っているうちに
気に入る絵が撮れればいいのですが。
それにしても、5D mk2は連写が弱いですね。
CFの書き込みスピードが遅いというのはあるんですけれどね。
1D MK4も同じCFを使っているのですが、
こっちは早いですね。やっぱり乗っているバッファメモリの
容量の差でしょうか。
5D mk2は電車が通過し終わる前に
連写が効かなくなってしまうので…。
一方の1D mk4はRAW + Lモードで記録したって、
余裕で撮影してくれるのにさ。
これが価格の差って奴ですかね。
まぁ、画素数の違いというのもあるかもしれませんが。

ちなみに今日のカメラはEOS 5D Mark II + EF24-70mm F2.8L USM
と、EOS 1D Mark IV + EF72-200mm F2.8L USMです。

浜大津駅のすぐ近くで。









浜大津駅のホームで。



石山駅のすぐ近くの踏切で。





吊革はこんななってます。








おい、爺ぃ!俺の唯に汚ねぇ手で触るんじゃねぇ!
とか思ったのはここだけの秘密だ。







石山寺駅で停車中に。





















ま、今回は下見ということで。
今回の反省を踏まえて、次回はもっと良い絵が撮れるように
精進してきます。
2011.08.28 Sun l mooの雑記 l COM(2) TB(0) l top ▲
萌車フェスティバル2011で撮影した
痛車たちの写真です。
オーナーさんに許可をいただいたものから
そうでないものまで。
不都合があればお知らせください。














































続きはまた今度。
2011.08.27 Sat l mooの雑記 l COM(0) TB(0) l top ▲
萌車フェスティバル2011で撮影した
痛車たちの写真です。
オーナーさんに許可をいただいたものから
そうでないものまで。
不都合があればお知らせください。











































続きはまた今度。
2011.08.24 Wed l mooの雑記 l COM(0) TB(0) l top ▲
関西コミティア39の申込が完了しました。
メインの本はいつもの通り小説本ですが、
今回は新天地「アダルト・エッチ」で申し込みました。

四一郎さんに描いていただいた今回のサークルカットです。
関西コミティア39のサークルカット

ご覧の通り今回の新刊は百合小説本の予定です。
カットの二人が今回の主役です。
左が姫、右が恵です。
カップリング的には
姫x恵、ときどき恵x姫って感じです。
スペースが決定次第またおしらせします。
2011.08.23 Tue l お知らせ l COM(0) TB(0) l top ▲
オリジナルジャンルの同人誌を買う人って、
かなりの玄人じゃない?
と、最近関西コミティアに出ていて思うのですよ。
コミティアといえば二次創作のない、
オリジナルオンリーの同人誌即売会なわけですが。
そこに本を買いにくる人たちの目って、
結構真剣じゃないですか?

そりゃ、中にはプロの作家さんが参加されていて、
それ目当てって人もいるんでしょうけれどね。

二次創作系の同人誌なら、
その作品が大好きだから買うっていうのが
多いんじゃないかと思うんですけれどね。

でも、オリジナルって……
その作品自体がオリジナルなわけだし、
しかもプロでもない素人が書いた物。
それなのに、高い。明らかに割高。
商業誌の品質、価格と比べてしまうと
ぼったくりと言われても不思議ではないほど。

けれど、そんな本を買いにくる人が確かにいる。
閉会時間ぎりぎりまで見本誌を読み漁っている熱心な人もいる。
私の印象では、若者とは言えないような
年齢の人が少なくないように思う。
みんな、商業誌では満足できなくなった玄人さんなんじゃないかと思う。
その道のプロが頑張って書いて、
出版社の厳しいチェックをパスして市場に送り出される
商業出版物は、たしかに面白い。
けれども、それは大量生産を前提とした万人に受け入れられる
無難な面白さ、なのかもしれない。
好奇心旺盛な少年少女の心はそれで満たされたとしても、
十年も二十年もあるいはもっと読みつづけていれば、
必然飽きもくるんじゃないかと思う。
マンネリってやつ?

けれど、同人誌となれば、
大量生産のしがらみが無くなる。
だから、商業誌では相手にされないようなニッチな嗜好も、
同人誌ならできる。
プロの作家さんの洗練された作品にはない、
歪で荒削りな面白さみたいなものも、
同人誌にはあると思う。
最近、刺激がなくて退屈している人が、
新しい刺激を見つけるために手に取る本、
それがオリジナルジャンルの同人誌って
マニアックな代物じゃないかと思う。

だから、同人誌ってのは型破りなくらいが
ちょうどいいんじゃないかと思うんですよ。
商業誌が手を出さないような変なところに
手を突っ込んでこその同人誌の
面白さなんじゃないでしょうかねぇ?

さて、まぁ長くなりましたがこれは前置きです。
本題は今関西コミティア用に執筆中の
本の話です。

書いているのは、ガチ百合小説本なわけですが。
前置きしたように、やっぱり普通な話じゃダメなわけですよね。
百合も、レズモノも、お金を払えば手に入るんですからね。
インターネットの普及に伴って、
ニッチな変態的嗜好も手軽に楽しめるようになったわけですしね。
そんな中で、割高なうちの本を買う理由ってなんだろう?
って思うとですね、なんなんだろう……?
って自身が無くなってくるわけですよ…。
あれ?エロくない?エロさが足りない?
って言うか、ひょっとして普通過ぎる?
とか思っちゃうわけですよ。
まぁ、でもそんなこと気にしていたら何もできないので
とりあえず書きますけれどね。

ただ、やっぱり目指す方向としては、
同人誌的面白さかなと。
つまり、書きたいものを思いっきり書くのが、
一番いいのかなと改めて思った次第です。

関西コミティアは小規模ながら、行く度に刺激を受けます。
東京のコミティアとはまた違った雰囲気と活気があると思います。
私は、あの一般参加者の熱気が大好きです。
本気で本を吟味している姿は素晴らしいです。
2011.08.22 Mon l mooの雑記 l COM(0) TB(0) l top ▲
あうとさろーね有明2011夏で撮影した痛車たち。
参加車両全台ではなく、
過去に撮影したことのある車は割愛しています。
三日目の写真です。


























































































































































次回の出没予定の痛車イベントは、
9/24 コスプレ痛車フェスティバルin大阪南港ATC
10/15 第7回Team痛車Racing走行会(ジムカーナ)
です。
2011.08.21 Sun l mooの雑記 l COM(0) TB(0) l top ▲
10/16にOMMビルで開催される関西コミティア39に
参加する予定です。
未だに申込が完了していなかったりするのですが…。

肝心の本の方はぼちぼち製作中です。
今回の新刊は一冊の予定です。
まぁ、現在執筆中でタイトルも決まっていませんが。

現在のところ「ただいま発情中」あたりが、
私の中で最有力候補になっています。
当サークル初のエロ本です。
ただし、いつもの様に小説本なのであしからず。
エロい挿絵が入っているかどうかは……
当サークルの絵描きさんであられるところの
四一郎さん次第です。
コピー本60Pくらいの予定で、配布予定価格は200円です。
内容はガチ百合の予定です。
男は一切出てこない予定です。
と、いうかひょっとすると最後まで
登場人物は女の子二人だけかもしれません。
女の子同士でエロいことする話です。
醜悪な肉棒は登場しません。
男根愛好家の方には喜んでいただけないかもしれませんが…。

しかし、今思えば、どうしてこの話を学園物に
しなかったのかなぁ?と後悔に似た感情がないわけでもないような…。
上級生のお姉様が一年生を喰う、
的な展開も面白いような気がするのですが…。
この本は、そんな展開にはなりません。

家出した高校生の女の子が、年上のお姉様に拾われて、
お持ち帰りされて苛められる本です。
それから何かいろいろ目覚めちゃう感じの本です。

なお、今回は「あいつの瞳に映るもの」シリーズの
新刊はありません。
2011.08.20 Sat l 同人誌、執筆中 l COM(0) TB(0) l top ▲
あうとさろーね有明2011夏で撮影した痛車たち。
参加車両全台ではなく、
過去に撮影したことのある車は割愛しています。
二日目の写真です。















































































































































































三日目の写真はまた今度。
2011.08.18 Thu l mooの雑記 l COM(0) TB(0) l top ▲
ぶつけてしまいましたよ、車。
幸いにして被害は極めて
軽微だったのでいいのですが…。
ただ、まぁ問題は被害よりも、
ぶつけてしまった経緯の方ですね。

原因は一言で言うと居眠り運転ですよ。
12日の0時頃にコミケに向けて出発。
新名神に伊勢湾岸あたりはいつものように快適で、
過去最高記録を更新するペースで
順調に走れていたのですが…。
このまま行ったら東京まで3時間で行けるかも!
と思っていたのも東名まで。
トラックが多くて大幅なペースダウン…。
挙句の果てに事故渋滞で2時間近くのロス。
どこかで仮眠するつもりをしていたのですが、
事故の影響で時間ぎりぎりに…。
このままじゃ9時にビッグサイトに並べない!
って事で、仮眠は中止して夜通し走りつづける羽目に…。
6時頃に首都高にさしかかったらそこでも
渋滞に巻き込まれて…。
やっと渋滞も抜けて、あと十数kmで到着……
ってところで、ふっと意識が……。

がりがりっと縁石に弾き返されたショックで
ばっちり目が覚めました。
もぉ、びっくりしましたよ。
居眠り運転とは。一歩間違えばどんな事故に
なっていたかわからなかったものですからねぇ。
ただ、まぁ、幸いに車は動いているし、
変な挙動もないし……
せいぜいバンパーが割れたくらいかなぁ?
まぁ、それならガムテープでくっつけて帰ればいいかな?
と思って残りを走破。
駐車場で見てみると、ホイールが少し削れているくらいでした。
あと、ちょっとアライメントが狂っちゃったのかな?
少し左に流されるような気が……。
どこかが変形とかしていなければいいのですが…。
でもまぁ、いつも通りに家まで走って帰れたので、
損害は軽微かなと。

今のホイールも実は結構ボロボロになってるし…。
過去にも二回削れているし、
ブレーキダストで汚れがこびり付いているし…
まぁ、5年履きつづけたから、
そろそろ交換時かと思えばまぁいいかなと。
まぁ、車が壊れたら壊れたで大手を振って
スーパーセブンに買い替えられるというものなのですが…

ただ、居眠り運転には本当に気を付けないといけませんね。
誰だ、東名で事故った馬鹿は!
と思っていたのですが、人の事はいえませんね。
眠いときは何をしても眠いのだとよくわかりました。
コーヒーもガムも眠眠打破も一本千円もする高級栄養ドリンクも、
全て無力ですね。
眠いときは寝ろって事ですね。
なので、今度からは仮眠できるように十分に時間に余裕をもった
計画を立てなければと反省した次第です。

刺激的なスピードで走れば目が覚める、
と思っていたのですが、その刺激にも慣れてしまいますからね。
そのスピードで眠くなったら、確実に死ねる気がします。
実際、直線なら眠気覚ましにもならず…。
おまけに遅い車が多いとそもそもスピードも出せないし…。
深夜の伊勢湾岸とか第二名神あたりなら
眠気も醒めてちょうどいいんですけどね。

帰りは十分に仮眠して帰宅。
どこかのPAに泊まったら、花火の音がうるさくて
何度か目が覚めてしまったけれど…。
あと、バケットシートは本当に寝にくいですね。
特に首が痛くて…。
後部座席で寝るといいのですが、
生憎宝物がたくさん積んであったので…。
キャンプ用品の折り畳み式ベッドみたいなのがあれば、
車外で足を伸ばして眠れるので良さそうですね。
次回までには買おうと思います。
夏はそれでもいいのですが……冬はどうやって寝ようかなぁ?
寝袋?車外だと凍死する?雨降ったらどうしよう?
でも、仮眠を、場合によってはそこで一夜を過ごすだけの
準備は必要だと思います。
冬コミに向けて、何か対策を考えておかないと。
三日目を終えてから車の中で仮眠していると
車の中で年を越してしまいそうだけれど……
コミケという夢から覚めぬうちに永眠してしまうくらいなら、
それも致し方なしと考えるべきか。

とりあえず、点検しておかなきゃ。
アライメント調整は必要そうな気がするけれど…
それだけで済むかな?
ホイールはハイグリップタイヤ用があるから、
それと交換してもいいかな。
削れて尖ったホイールを履きつづけて、
タイヤがバーストしたら大変だしね。
2011.08.17 Wed l mooの雑記 l COM(0) TB(0) l top ▲
コミケの話です。
まぁ、割りと苛酷な戦いでした。

足の裏が痛い。
一日中、カタログと、水分2Lと、
カメラと、夢と希望を詰め込んで
歩き回ったせいか?

お尻が痛い。東館の待機列で砂利の上に
座らされつづけたせいか?

初日は何だかんだで寝ないまま9時30頃に
東館の待機列へ。
待っている間にカタログで土壇場の追い込みを。
案の定、とても良い天気で、
直射日光に照りつけられながらの待機。
けれども、いつもの事ですね。
シャワーを浴びたように汗が吹き出して止まらないのも、
服が水をかけられたように汗を吸って濡れているのも、
いつもの事ですね。
これがコミケですね。
世間では猛暑だなんだと軟弱な事を
言っているようですが、
まぁ、これが普通ですよね。
でも日焼け対策と熱中症対策だけは
十分にしておかないとですね。

お買物方は、今回は節約モードということで。
いつもなら、気になったのはとりあえず
全部買ってしまうところなのですが、
今回は一冊ずつ吟味して…。
あうとさろーね会場で写真撮って……
体力・気力ともに全車を撮るのは無理でした。
なので、過去に撮ったことがあるのはパスする方向で。
半分くらい撮ったところでダウン。
途中一時間くらいの休憩を挟んで……。
それから、いろいろサークルさんのご挨拶にも
回ろうかと思っていたのですが……
結局行けず……。
年かな?体力の限界です。
動けないです。座り込んだら寝てしまいました。

二日目は……思いのほか東1-3ホールの人が多くて……
あれ、これじゃあ東方エリアってどんな地獄なの?
と思うと足がすくんでしまうヘタレでごめんなさい。
汗臭い野郎共に押し潰されるなど、御免蒙りたいです。
まどマギは島中サークルでも売り切れているところが
いくつかあってびっくり。
9時30分に並んだのですが…
出遅れてしまったようですねぇ…。
これがジャンル効果というものか…。

三日目も汗臭い野郎連中ばかりであろう、
東館の待機列を避けて西館待機列へ。
どうせなら臭い体臭を嗅いで頭痛と吐き気に
悩まされながら並んでいるよりも、
露になった麗しい乙女たちの肌を眺めていた方が、
楽しいじゃないですか?
東館のお買物は、必要最小限のサークルに厳選して、
早々に済ませて西館に離脱。
やっぱり広い通路を選んで通ったおかげか、
身の危険を感じる程もみくちゃにされずに済みました。
ほんと、三日目の東館は最悪の戦場ですね。

そう言えば、警備員さんが会場で座り混んでいる人に
声かけをしているのを目撃しました。
熱中症対策でしょうか。
肩を揺すって声をかけていました。
座っていた人は、疲れ果てて、
意識が遠のいていただけなのかもしれないけれど…
時期が時期だけに、医師の診察が必要な風に見えたんだから、
仕方がないですよね。
でも、座っている一人一人の顔色を見て声かけをしているなんて、
感心しましたよ。

そう言えば、今回はコスプレ広場に足を踏み入れませんでした。
まぁ、行っても混んでいるのがわかっているから
行かなかったんですけどね。
あそこはユニークなコスプレをしている人がいて、
見ているだけでも楽しいのだけれど…
それでも行きませんでした。
そんな気力がなかった……。
写真撮っていると楽しいのだろうけれど…
私は人の写真を撮るのが苦手で。
物を撮るように自分のペースで撮るわけにはいかないですからね。

ところで、どうしてあんなに体臭のきつい人がいるんでしょうか?
きつい人は本当に冗談じゃないくらいきついですよね?
本当に三日間ともお風呂に入らずに徹夜で戦いつづけているとか?
そう思ってしまう程臭い人もいますよね……。

今年は節約モードということで、
いつもよりも買った本の数も、グッズも少なくて、
いつもの半分くらいでした。
さて、積んでしまわないように早く読まなきゃ。

冬コミの申込、早くしなきゃ。
冬コミの申し込みをするまでが夏コミらしいですからね。
次は受かるといいな。

最後に一言。
コミケはレジャーじゃない、戦場だ!
2011.08.16 Tue l mooの雑記 l COM(2) TB(0) l top ▲
あうとさろーね有明2011夏で撮影した痛車たち。
参加車両全台ではなく、
過去に撮影したことのある車は割愛しています。
まずは一日目の写真です。




































































































































































































二日目、三日目の写真はまた今度。
2011.08.15 Mon l mooの雑記 l COM(0) TB(0) l top ▲
ちょっと3日ほどコミケ行ってきます。
案の定、コミケが近づく程に暑くなってきましたね。
暑い熱い戦いになりそうです。

車内泊、暑くないかな?
朝の首都高混まないかな?
山手線混んでないかな?
お金足りるかな?
買った物、ちゃんと全部車に乗るかな?

ひょっとしたら、どこかのサークルさんに
ご挨拶に伺うかもしれませんし、
やっぱり行かないかもしれません。
だって、あのジャンルとか混みすぎだしねぇ…。
まぁ、おじゃました際は
嫌な顔しないでもらえるとありがたいです。
2011.08.11 Thu l mooの雑記 l COM(0) TB(0) l top ▲
萌車フェスティバル2011で撮影した
痛車たちの写真です。
オーナーさんに許可をいただいたものから
そうでないものまで。
不都合があればお知らせください。





















このホラーな痛車は、夜に見ると昼間とは違った
楽しみ方ができますね。




昼間は明るくて中が見えなかったけれど……
ぼんやりと光の漏れる車内を覗き込むと……。

























続きはまた今度。
2011.08.10 Wed l mooの雑記 l COM(0) TB(0) l top ▲
夏コミの新刊、ではなく10月の関西コミティアで出す
新刊のタイトルです。
初のエロ本なわけですが。
当初考えていたタイトルが「家出少女」
なんていかにもなものだったんですけれどね。
でもそれはちょっと品がないっていうか、
私の趣味じゃないっていうか…。
そもそも家出なんてキーワードは物語のはじまりに過ぎず、
最初にちょっと出てくるだけだから…。
じゃあ、どうしようかなぁと悩んでいるところ。
進捗は割りと遅れ気味です。もっとペースをあげないと。

ちなみに、気の早い話ですが、
次の本のタイトルは決まっていたりします。
「しゃぶり姫」です。
「姫」ってキーワードが好きだったりします。
話の内容はタイトルから想像してもらって、
大方外れていないと思います。
何をしゃぶるのかは、ご想像にお任せしますが。
女装美少年を主人公に据えたエロ本の予定です。

冬コミにはらきすたのこなかがの
エロ本を書きたいなぁと思っているのですが、
間に合うかどうか……。
いや、まぁ、間に合わせるつもりで取り組まないと、
間に合うものも間に合わなくなってしまいますね。

さて、今日もこれから本書かなきゃ。
2011.08.07 Sun l 同人誌、執筆中 l COM(0) TB(0) l top ▲
私が最初に買ったカメラである、
デジタル一眼レフのCanon EOS Kiss Digital Nです。
二台目のカメラを買ったときに、
その圧倒的な性能の前に、
Kissがゴミみたいにしか思えなくなって、
ただであげたカメラです。
二年前の話です。

最近になって、どういうきっかけかは知りませんが、
カメラが欲しいと言い出しました。
それで、ようやく私のあげたカメラを
使う気になったようですね。
撮ってみて、すごいきれい!と言っていました。
5年以上も昔の、800万画素程度しかないとは言え、
一眼レフカメラの端くれですからね。
小さいだけのカメラに退けをとるはずがありません。
やっぱりカメラにとって大切なのは光学系だと思います。
解像度とか、ISO感度とか、
そんなのは本質ではありません。
故に古くても、一眼レフカメラは一眼レフカメラであり、
カメラのモデルチェンジに振り回されることもなく、
いつまでも使いつづけることができるのだと思います。

まぁ、光学系に拘れば、
こだわるほどに重くて大きくなってしまうのは
いたしかたのないことですが。

でも、MとかAVとかTVとかの撮影モードの意味を聞かれると、
説明するのがこれほど面倒臭いものだとは思いませんでした。
当たり前の様に理解していたつもりでも、
説明するとなると大変ですね。
それはまるで馬の耳に念仏を唱える様に。
どうせ聞いちゃいないんだから。
さんざん説明したところで、
ま、いいや。私はアイコン撮影モードしか使わないし、
って言うのは目に見えているのだから。
マニュアル撮影機能のありがた味は、
やっぱり写真を撮らないことには理解できないと思います。
2011.08.06 Sat l mooの雑記 l COM(0) TB(0) l top ▲
萌車フェスティバル2011で撮影した
痛車たちの写真です。
オーナーさんに許可をいただいたものから
そうでないものまで。
不都合があればお知らせください。








































この車は昼夜問わず、
いつ見ても別格のオーラを放っていますね。









続きはまた今度。
2011.08.06 Sat l mooの雑記 l COM(0) TB(0) l top ▲
萌車フェスティバル2011で撮影した
痛車たちの写真です。
オーナーさんに許可をいただいたものから
そうでないものまで。
不都合があればお知らせください。

ここからは光る夜の痛車達の写真です。
ISO感度を高めての手持ち撮影なのですが、
1D mk4はノイズが少なくて薄暮時の撮影には
5D mk2よりも向いている気がします。





























ここからは三脚を立てての撮影です。





















しかし、夜の写真は上手く撮らないと、
せっかくの痛車の絵が写らないですね。
もっと工夫が必要ですね。

続きはまた今度。
2011.08.05 Fri l mooの雑記 l COM(0) TB(0) l top ▲
そんな動画をYouTubeで見つけたのですけれどね。
すごいですね。
何がすごいって、996 GT2をバックミラーから消してしまう
R500もすごいのですが、
それを平然と乗りこなしているドライバーがもっとすごい!
舞台はニュルブルクリンク。
何km/h出ているかわからないけれど、
少なく見積もっても、平均して軽く100km/hを
上回っているんじゃないでしょうか。
そんなところで、タイヤをキュルキュルと鳴かせながら、
カウンターを当てつつ、平然と996とバトルをして、
乗りこなしているR500のドライバーがすごい!
だって、そんなスピードでスピンしてクラッシュしたら、
死んでもおかしくないでしょう?
そんなスピードで狭いニュルを駆け抜けている
ドライバーがすごい!
思わず笑っちゃうほどすごかったです。
それにしても、やっぱり軽いってこんなにも素晴らしいことなんですね。


2011.08.04 Thu l mooの雑記 l COM(0) TB(0) l top ▲
萌車フェスティバル2011で撮影した
痛車たちの写真です。
オーナーさんに許可をいただいたものから
そうでないものまで。
不都合があればお知らせください。










































萌車フェスティバルもそろそろ日が沈み始めました。
次回はライトアップした痛車の写真です。

と、いうことで続きはまた今度。
2011.08.03 Wed l mooの雑記 l COM(0) TB(0) l top ▲
あの写真を見るたびに、
つい鼻息を荒くしてしまって、
ドキドキと高鳴る胸の鼓動が静まりません。
年甲斐もなく、はしゃぎたくなってしまう程の興奮を、
抑えることができません。

何って、もちろん車の話ですよ?
CaterhamのSuper 7の話です。
買おうかな?とつぶやいてしまったら、
本当にどんどん欲しくなってしまって……。
気がついたらお金の工面を考えている有様で…。
たぶん、買います。
このまま半年後の、インプレッサのローンを
払い終えたときまで、このドキドキが止まらなければ、
たぶん買っています。
頭金を100万円貯めることという条件を自分に課して。
まぁ、厳密には、ローンは300万円まで。
残りは頭金で用意するということで。

狙っているのはロードスポーツ。
理由は二つ。
金銭的に、現実的に手が届くのがこれだから、
というのが一番大きいですね。
もう一つの理由は。
スペック的にはもちろんスーパーライトとかの
過激な方が気になるのに決まっているのですが……
過激過ぎますよね?
0-100km/hの加速が2.9秒?
速いですね、速すぎです。
電子制御に頼らず、後輪の二つの駆動輪だけ、
しかもわずか500kg程の車重で
この性能を発揮しているのですから、
そんなの下手糞にのりこなせるわけないでしょう?
それらの点を考えれば、
やっぱりロードスポーツかなと。
1.6LのSigmaエンジンを搭載した、一番安いやつです。
これでしばらく楽しみながら練習を積もうかと。

デザインはどれもほぼ同じですが、
やっぱりいいですよね、あの形。
私は好きです。
ただ、後ろ姿がちょっといまいちな気もしますが…。
オプションで背中にスペアタイヤを
装着することもできるのですが、
ライトウェイトがうりの車に
そんなものを装着するのはねぇ……。
ただ、見た目的にはスペアタイヤを背負っている方が好きかも。

とりあえず、オプションのLSDは装着したいところ。
いちおうジムカーナくらいはやってみたいかなぁと思うので。
そうなると、ロールバーの装着も必須ですね。
それから4点式シートベルトと。
ミッションはノーマルが5MTですが、
+30万円くらいで6MTにもできるようです。
でも……6MTにするとわずかとはいえ重量が増えますよね?
550kgの車体にとっては、数kgの重量も無視できないですよね?
そう思うと、5MTでもいいかな?と。
別に、ロードスポーツでそんなにスピードを
追い求める必要もないように思います。
買い替えではなく、買い足しなのだから。
スピード出したいときはインプレッサに乗ればいいかなと。
ロードスポーツは、軽い、
ダイレクトなドライブフィールを楽しめればいいかなと。
最高速度は180km/hのようですが、
まぁそれだけ出れば十分ですね。

シャシもオプションでホイールベースの延長、
トレッドの拡大ができるようです。
結果、高速走行時の安定性が高まるのですが……
半面低速時の機敏さが劣るのでは?と思うのですが、
どうなんでしょう?
スピードよりも、軽快な走りを楽しむのを重視したいので、
シャシはノーマルでいいかな?と思います。

ただ、12Vの電源が取れるオプションは必須ですね。
でないと、シガーソケットから電源がとれなくなってしまって、
ポータブルナビとか使えなくなるじゃないですか。

塗装は……ノーマルでいいかな。
むしろステッカーでフルラップしてみるのも
面白そうかなと思ってみたりするので…。

そうそう、この車、屋根がないと思っていたら、
幌が付くんですね。
帆は取り外し可能だったんですね。
帆の付いた写真を見てみたのですが、
これはこれでなかなかいい感じで好きです。
帆とドアはオプションなのかと思っていたら、
標準で付くんですね。
これなら、雨の日も安心ですね。
あ、あとカバーも必要ですね。
普段はカバーをかけて保管しておこうかと思うので。
生憎、家にはガレージなんてものがないので。
あるのは雨を避ける屋根だけですが
すでにそこにはインプレッサが止まっていて…。
インプレッサを外に出すかどうかは、
まぁのんびりと考えることにします。

あと、小さいながらもトランクスペースがあったのは
以外でした。
120Lという小ささがどれほどのものかは知りませんが、
まぁ、バイクよりかはものが入るでしょう。
もっとも、通常そのスペースには取り外した
屋根とドアをしまっているはずですが…。

あと、問題は、どこで買おうかな?ということです。
インターネットで調べてみると、
取り扱っているショップはいくつかあったのですが……
東京まで買いにいくわけには行きませんからねぇ…。
買うだけならいいのですが、
その後のメンテナンスの事も考えると、
やっぱりできるだけ近い方がいいですからね。
あと、できるだけ詳しいショップに。
トラブルが起こったときに、
わかりませんなんて言われるようじゃ
頼りになりませんからね。
できれば、スーパーセヴンに力をいれている
ショップがいいですね。
まぁ、県内には見付かりませんでしたが、
近隣に目を向ければ何軒か。
時間はあるのでぼちぼちと観に行ってみることにします。

その間に100万円貯めないといけませんからね。
とりあえず、冬のボーナスは全額頭金にしようっと。

しかし、今度はエアコンとオーディオの付いている車にしようと
思っていたのですが……
どうやらそんな車とは縁がないようですね。
まぁ、いいですけれどね。
ヒーターくらいは付いているので。
暑ければ屋根を空けて走ればいいじゃないですか。
風を浴び、視線を浴びて走り抜ける。
この手の車の場合、目立つって重要でしょう?
オーディオなんて運転中の退屈な時間を
紛らわせるために付けるものだと私は思っています。
それって、つまりそれだけつまらない車って事じゃないですか。
正直、最近インプレッサにも飽きてきたところだし…。
もちろん、然るべきところを本気で走れば楽しいのですが、
そうでないときは退屈です。
けれども、安定性は抜群なので手放すつもりはないですけれどね。
嵐の高速道路でも安心して追越車線を独走できる安定感は、
移動の足として考えるととても便りになります。
なので、楽しい、はスーパーセヴンでやろうかなと。
2011.08.02 Tue l mooの雑記 l COM(2) TB(0) l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。