上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
2012年5月27日に
名古屋のラグーナ蒲郡で開催された
ラグーナ痛車ミーティング 2012の写真です。
例によって例のごとく勝手に撮影した写真が
ほとんどなので不都合があればご連絡を。




































続きはまた今度。
スポンサーサイト
2012.08.31 Fri l mooの雑記 l COM(0) TB(0) l top ▲
2012年5月27日に
名古屋のラグーナ蒲郡で開催された
ラグーナ痛車ミーティング 2012の写真です。
例によって例のごとく勝手に撮影した写真が
ほとんどなので不都合があればご連絡を。






























続きはまた今度。
2012.08.30 Thu l mooの雑記 l COM(0) TB(0) l top ▲
2012年5月27日に
名古屋のラグーナ蒲郡で開催された
ラグーナ痛車ミーティング 2012の写真です。
例によって例のごとく勝手に撮影した写真が
ほとんどなので不都合があればご連絡を。




































続きはまた今度。
2012.08.28 Tue l mooの雑記 l COM(0) TB(0) l top ▲
2012年5月27日に
名古屋のラグーナ蒲郡で開催された
ラグーナ痛車ミーティング 2012の写真です。
例によって例のごとく勝手に撮影した写真が
ほとんどなので不都合があればご連絡を。






























続きはまた今度。
2012.08.27 Mon l mooの雑記 l COM(0) TB(0) l top ▲
2012年5月27日に
名古屋のラグーナ蒲郡で開催された
ラグーナ痛車ミーティング 2012の写真です。
例によって例のごとく勝手に撮影した写真が
ほとんどなので不都合があればご連絡を。






























続きはまた今度。
2012.08.24 Fri l mooの雑記 l COM(0) TB(0) l top ▲
2012年5月27日に
名古屋のラグーナ蒲郡で開催された
ラグーナ痛車ミーティング 2012の写真です。
例によって例のごとく勝手に撮影した写真が
ほとんどなので不都合があればご連絡を。























見事なネギ色のホイールですね。







続きはまた今度。
2012.08.22 Wed l mooの雑記 l COM(0) TB(0) l top ▲
2012年5月27日に
名古屋のラグーナ蒲郡で開催された
ラグーナ痛車ミーティング 2012の写真です。
例によって例のごとく勝手に撮影した写真が
ほとんどなので不都合があればご連絡を。






























続きはまた今度。
2012.08.19 Sun l mooの雑記 l COM(0) TB(0) l top ▲
私の気に入った本の紹介をしたいと思います。




サークルhighwayさんの
「Primary」です。


一言で表すなら、
ボカロのリンレンいちゃラブ本です。

表紙を見ての通り再録ですが、
書き下ろしもあるようです。

話はこんな感じ。
・リンレンの体入れ替わり。
 ちょ、着替えどうすんの?着替え!
 私の体見るのダメ、触るのもダメ!
 着替えさせてあげるからじっとしていて!
 トイレどうすんの、トイレ!!
 定番というか、王道?
・リン幼児化
 LOLIBANZAIウィルスに感染した
 リンが幼児化してロリンロリンな
 展開になる話です。
 とりあえずウィルスの作者GJ!
・レン渋い声でリンに迫る
 突然低く渋い声になってしまったリン。
 え?どうすんのこれ、今まで通りに歌えないじゃん!
 と焦るレン。
 ヤヴァイ、耳元でレンにこんな渋い声で囁かれちゃったら……
 ときゅんきゅんしてるリンの話です。
・ちゅう、ちゅう、ちゅ〜う
 ちゅう?
 え?舌入れるの?入れたいの?
 でもそんなことしたら変になっちゃうっていうか……
 無理矢理?レン君無理矢理しちゃうの?
 って言う話。
・リン太った?
 リンのお腹をむにっと掴んで、太った?とか言うレン。
 でもぷにぷにの方が抱いた時に気持ちいいという
 結論に落ち着く話。
・双子の成長
 仲良しだった双子のリンレンが、
 お互いの成長につれて相応しい距離を
 保つようになる話。
最後の一本を除いては、
時間の流れがつながっている展開ですね。

読後の感想としては、
レン死ねばいいのに、死ねばいいのに……。
お好きな方は是非どうぞ。
2012.08.18 Sat l mooの雑記 l COM(0) TB(0) l top ▲
2012年5月27日に
名古屋のラグーナ蒲郡で開催された
ラグーナ痛車ミーティング 2012の写真です。
例によって例のごとく勝手に撮影した写真が
ほとんどなので不都合があればご連絡を。


































続きはまた今度。
2012.08.18 Sat l mooの雑記 l COM(0) TB(0) l top ▲
と、言う訳で例年通り今年も
コミケは車で行ってきました。
基本、公共の交通機関は嫌いなので。

今回の瞬間最高平均燃費は19.2km/lでした。
首都高の渋滞に引っかかるまでは……。

往復1000km程。
道中、キリ番をゲトーしました。
まずは9999km。


そしてその直後の1万km。



どちらも帰りの浜名湖バイパスの辺りを
走っている時でした。
そう、今回も一般道を走って帰りました。
東京から家までだと、
大体12時間くらいかかるんですけれどね。
ただ、V60にとってはそれは大した事ではないようです。
インプレッサでならこんな真似をしようとは
まず思わないですが。
でも、V60でなら、できそうな気がするんです。
別に気負わなくても、
のんびり12時間走りつづけるだけですから。
景色でも楽しみながらのんびりと。
それもクルーズコントロールのおかげでしょうか。

どうせ休みはあと1週間あるんだから、
と思うと、慌てて帰る必要もないなと。
いつもならその日のうちに帰れるようにと
夕方には秋葉原を出発するのですが、
車中泊をしてのんびり帰ろうと思えば
焦る必要もなく。
のんびりと秋葉原が眠るまで
散策できて楽しかったです。

今まではあまり行かなかった通りの店を
隅々まで見て回ったり。
あの町は本当に面白いですよね。
他では見られないような物が置いてあるのはもちろん、
他では考えられないような所に
店がありますからね。
ひっそりした細い階段を下りた先に店があったり。
店の様には見えない雑居ビルの中にあったり。
如何にも怪しげな狭い路地の先に店があったりで。
まぁ、別にそこにレアアイテムがあったりするわけでは
ないんですけれどね。
あとは、20時辺りから人が減るので、
虎とかのんびり物色できていいですよね。
まぁ、さすがにコミケ四日目に参加するつもりは
なかったので、その後帰りましたけれど。

そりゃあそうと、二日目、
会場から花火渋滞に巻き込まれてやっとこさ
秋葉原に戻ってきたらUDXの駐車場が満車で、
入庫待ちの行列ができていてびっくりしましたよ。
800台も駐車できるのに、
満車になることってあるんですね。
まぁ、私みたいなのが、日本各地から秋葉原に
集結する時期だから、というのもあるんでしょう。
しかたないので別の駐車場に。
機械式駐車場なんて初めてですよ。
まぁ、東京であれば珍しくないのかもしれませんが。
それにしても、係のお兄ちゃんが
パーキングブレーキの解除のしかたがわからないのか、
もたついていてイマイチでした。
それはそれは高級な車が走り回っている東京だと言うのに、
そんなんで大丈夫なのかい?と思ってしまいましたよ。

あと、V60のナビは都内では役立たずでした。
駐車場から出た瞬間自車位置をロスト。
ポータブルナビなら許せても、
車載ナビがそんなにヘボイと怒りを覚えます。
都内の道なんてただでさえ複雑で走り難くいし、
交通量は多いのにペースは早いしで、
一番必要なときに役に立たないんだから……。

ちなみに、宿泊場所は
道の駅ふじおやま。
正直、次からは利用したくないですね。
駐車場はいっぱいだし、大して涼しくないし。
何よりもトイレの汚さが最大の減点ポイント。
清掃は行き届いていないし、
洗面台の設備は壊れているし、
水道のセンサー不良のせいで水の出が悪いし。
次からは別の所を利用します。



そう考えると、道の駅の当たり外れって、
行ってみないとわかりませんよね。
大抵隣接していないから、
外れだと思ってもなかなか別の場所には
変更できないのですが。
やっぱりトイレって一番大事だと思うんですよね。
道の駅の評価ポイントの50%以上を
トイレが占めているといっても過言ではないかと。
そう言う意味では、やっぱり高速道路のPA/SAは
清掃が行き届いていて綺麗ですよね。
伊達に高いお金を徴収しているわけじゃないんですね、
と感心してしまいます。

そう言えば、浜名湖バイパスは海が見えて
綺麗だったのですが……
写真写りがイマイチですね。
ま、実際に走ってみてください。



そうそう、この旅の途中、
うちのレイ探がLv700を超えました。
嫁モードに突入してくれたのですが……
私はエプロン姿には萌えないんだけれどなぁ……。
エプロンってさ、落ち着いた雰囲気を得た変わりに、
華を失った感じがしますよね。
やっぱり女の子は華やかに着飾っているのが
可愛くていいですよね。
花に例えるなら、まさに華を咲かせている少女が
とても可愛くて萌えますね。
エプロンなんて、花が散って実を付けようとしている
している時期ですよね。
私、そんなの萌えない。
じゃあメイドさんはと言うと、
やっぱりそんな媚びた格好は好きじゃない。
ま、Lei02はLv999に達したら、
Lei01に切り替えて楽しむことにします。
しかし、あのちびレイ、次はもっと怖いモードだと
言っていたから、ツンツンモード突入なのかと
期待していたのに……嫁とか言うデレモードは
要らないんだよぉ!
「ツンデレなんていらん!ツンツンをくれ!」
と言っていた人がいましたが、
ようやくその人の心境が理解できました。
ま、まだもう一着入手できていない衣装があるので、
それを楽しみにして進めます。

とりあえず、今年中にちゃちゃっとLv999まで
あげることにします。
2012.08.16 Thu l mooの雑記 l COM(0) TB(0) l top ▲
オタクが夏といえば夏コミの
三日間に限定されるものであり、
私もその例に漏れません。

夏コミに企業参加していたサントリーの展示。
ピクシブとのコラボで擬人化とかやったらしく、
それがパッケージに描かれるらしいですね。
まさかこんなにバリエーションを用意してくるなんて……。
全部絵が違うんだそうです。
でも……サントリーは何がしたかったのだろう?
と疑問に思わなかったわけでもない。
擬人化プロモーションで名前を売りたかっただけ?
それとも、このイラストで商品化するのかな?
だったら買うけど。




会場で偶然お会いした「ジュゴン」さん。
豚コスで痛車イベントに参加されているので
ときどきお見かけしていたのですが。
コミケにも参加されるとは聞いていたのですが、
まさかあの会場で偶然お会いできるとは
思ってもみませんでした。
今回、私はコスプレ広場には全く行くつもりも
なかったんですけれどね。
三日目の朝、企業ブースに向かって急いでいるときに、
ふと広場に目を向ければ見覚えのある豚さんが……
と、言うことでその時に撮らせてもらった写真。




これは二日目の西館。
うちのサークルスペースから撮影。
この日は花火大会と被っているせいか、
15時くらいにはほとんどのサークルが撤収
してしまって……
16時前にはこんな有様でした。




ゆりかもめの車窓から。
12時過ぎなので、
入場制限のなくなった時間ですね。
11時前であれば、きっと通路を
行列が埋めつくしていたことでしょう。




三日目の帰りにりんかい線国際展示場駅を
見下ろす。駅に集中する人がたくさん。
こんな有様だもん、
私は帰りはりんかい線を使わないのだ。




「あ、そこのキモヲタ君。
今撮影中だから終わるまでちょっと待ってくれる?
ごめんね、君が映ると絵が汚れるでしょ?」
って言われた気がしたでござる。
おろ?被害妄想?
で、何を撮っていたんだろう?
三日目の朝。秋葉原UDX前にて。








ただの歩行者天国。
でもね、田舎者には珍しいのですよ。
こんな広い道路を人が埋めつくすなんて。
見渡す限り人ばかり。
東京ってやっぱり人が多いですね。
あと、一度見てみたいのは、
この歩行者天国から人を全部追い出して
車が走り出す瞬間。
一体どうやっているんだろう?って気になります。
どうやってこれだけの人を追い出すんだろう?




私のコミケ5年間。
初参加のC73ではカタログ買わなかったんです。
それにしても、これだけあると重い。
重すぎる。そして置き場所に困る。
でも、絵の続きが見たいからこれからも
冊子版カタログを買います。
ソツギョウ?何それ、おいしいの?




家に帰ったら蝉が力なく鳴いておりました。
この声を聞くと、いよいよ夏も終わったのだなぁと
しみじみ思ってしまいます。



さ、次は冬コミですね!
2012.08.15 Wed l mooの雑記 l COM(0) TB(0) l top ▲
別にGoogleを批判しようだなんて気は
さらさら無いので誤解なきよう。
ネタだと思って見ていただければ。

まさかのGoogle企業参加。


C82の参加企業を見ていて、
この名前を見たときには驚きました。
世界のGoogleが一体何をやらかすつもりなんだ?
と。

これを無料配布していました。



ただ……素直に全部くれないんですよ。
ガチャをやってそれ応じた物をくれるんです。
私を含めた多くの人のお目当てはきっと
イラスト集でしょう。
これがA賞でなかなかでないんだ……。
だから、みんなGoogleループにはまる。
一度並ぶと一回ガチャができる。
5種全部欲しければ当然5回並ぶことになる。
なかなかお目当ての物がでなければ、
出るまで並ぶ。

まるでこんなループ。

for (int i = 0;; i++){
gacha ガチャ = get_cha();
if (ガチャ.結果 == A賞)
Yahooo!
if (ガチャ.結果 == B賞)
next;
if (ガチャ.status == A賞が無くなりました)
orz;
elsif (time == コミケ終了のお知らせ)
exit(OTZ);
}


結果、私のiは11になりました。
回りを見ていると、みんなガチャを引いた瞬間、
景品を手に持ったまま列の最後尾に並ぶ見事な
ループが形成されていました。
「俺8回目だよ」と言っていたお兄さんは、
当たりが出た様子もないのに去っていきました。
フルコンプリートできたのでしょうか?
よく見ると小中学生かと思われる少女までもが
ループしていてちょっとびっくり。
いやぁ……都会の娘は進んでいますね。
おじさんがこの遊びを知ったのは
二十歳を超えてからだというのに。

そんなわけで、googleの待機列は
ループによって構成されていたわけですね。
全部セットにして一括で配布してくれれば
無駄に並ばなくて済んだものを。
待ち時間は45分とか60分とか
でたらめな時間が書かれていましたが、
嘘です。
実際は半分にも満たない時間です。
きっとGoogleは列が長くて人気のブース、
と言うのを演出したかったのでしょう。
しかし、ここまで小賢しい事をしても、
屋外展示場でとぐろを巻くように長蛇の列を
形成している人気企業の足元にも
及ばなかったわけですね。

ただ……イラスト集にはお金かけていますね。
2冊あるうちの一冊はgifアニメの
パラパラまんがで一冊使っているし……
お金のかけ方がすごいですね。
ただ、個人的に物足りなさを感じたのは、
結局Googleは自社のカバープロジェクトの
プロモーションに終始していたこと。
イラスト集とかは魅力的であったけれど、
でもそれはGoogleが作ったわけではない。
きっと次回の参加は無いでしょう。
それが寂しい。
2012.08.15 Wed l mooの雑記 l COM(0) TB(0) l top ▲
コミケの終わりは夏の終わり。
だから、今年の夏も終わった。
いや、まだ一つやり残したことがある。
夏休みの宿題?
違うね。冬コミの申込さ。
冬の支度をせずに夏は終わらない。
そして夏の終わりは冬の戦いの始まりを意味する。
冬コミの申込締切は2週間後だ。
さぁ、次は冬だ。
わずか4ヶ月しかない。
何もしなければ長い4ヶ月だが、
原稿を書けばあっという間に過ぎ去る。
冬は、男性向け創作の予定なのでよろしく。

家に帰ってきて夏のカタログをしまう。
何気無く数えてみると9冊あった。
いつの間にかそんなにたまっていたのか。
カタログを買い始めたのは2回目の参加の時から。
だから、今回は10回目の参加だったようだ。
そうか、いつの間にかコミケに行きだして
5年が経ったのか。
初めての時はなんじゃこりゃ?と思う程に
苛酷だったような気もするけれど、
今年はずいぶんと楽だった。
なぜって、きついところを避けて楽な所だけを
撫でるようにして甘い汁を吸う術を
身に着けつつあるのかもしれない。
あるいは、最後尾が見えない程に並んでいる
サークルを見た瞬間、
「うん、あれは私の欲しい本がないサークルだ」
と無意識のうちに自分に
言い聞かせているだけかもしれない。
あと、あうとさろーねにまったく行かなかったことも
その要因かもしれない。
おかげで1kgを超える重いカメラを持ち歩かずに済んだ。

あと、今年は暑さが例年よりもずいぶんと
ましだったことにも助けられた。
いつもなら数本のペットボトルを空にするのに、
今年は1本/日で十分に足りてしまった。
夏コミがこんなに涼しいなんて!
とは言いつつも、企業ブースは人が密集しすぎていて、
風がなくてさすがに暑すぎて
見る気が失せてしまったけれど。

毎年の事だけれど、待機行列に並ぶのは
やっぱり初日の方が楽だ。
なぜって、男ばかりの列に並ぶのか、
女の子たちの多い列に並ぶのかでは、
精神的には圧倒的に後者だ。
例え、それが耳を覆いたくなる程のおぞましい
掛け算の話に花を咲かせている腐った女子であってもだ。

ただ、二日目は少しばかり疲れた。
花火なんぞと日が被ってしまったせいで、
秋葉原まで10km程の道のりを車で走るのに
2時間近くも要してしまったからだ。
1年半ぶりのサークル参加。
周りのサークルはほとんど15時くらいに
引き上げてしまった。
おおかたリア充で溢れ返る花火が恐かったのだろう。
せっかくだからと終わりの拍手まで粘ったら、
渋滞に巻き込まれてしまった。
今度から、サークル参加は三日目にしようと思う。
そんなわけで男性向け創作。

三日目は、正直何もすることが無かった。
特別行きたいサークルがあったわけでもなく……。
気になる本も、会場で並ばずとも、書店で買えるから。
でも、せっかくだからとわざわざ会場で買う。
それからもう一つ。
Googleの企業ブースがとても気になった。
Googleとコミケってとても意外な組み合わせ。
何やっているんだろう?
一日目と二日目は混んでいたと聞いたけれど、
どうせすることが無いからと、
のんびり行列をしようかと思った。
ガチャだった。
幸いにして課金ガチャなどでは無く、無料だった。
ガチャを回して、それに応じた景品をくれる。
お目当てはA賞のイラスト集。
でもなかなかでない。
でないからループする。
イラスト集が出るまで、列に並び直すループ。
「俺もう8周目だよ」と言っているおじさんがいた。
気づけば見覚えのある顔ばかりが並んでいる。
そうか、Googleはそうやって行列をねつぞうしていたのか
どうせ無料配布するなら全部ひとまとめにして
配布すればすぐに済むものを、
ガチャにするせいで無駄に列が長くなったんだ。
60分待ちとか、45分待ちとか、でたらめな
待ち時間が書かれていたけれど、
実際はその1/3くらいだろうか。
私は11ループしてようやくイラスト集をもらえた。
Googleは無駄に大手だった。
注目度は、残念ながら外でとぐろを巻くように
長蛇の列が延びた企業とは比べるべくもない。

さて、お盆休みも残り6日。
しっかりと冬支度をしなきゃ。
2012.08.14 Tue l mooの雑記 l COM(0) TB(0) l top ▲
夏コミ、当選しました。
1年ぶりのコミケサークル参加です。

8/11 土曜日 西館 る-04a
「いつも反省中」
です。
ジャンルはらきすたです。
らきすたジャンルの二次創作は
今回を最後にする予定です。
らきすたの新刊は予定していません。
在庫一掃セールです。
らきすた本は「かがみ様への恋文」
だけを持ち込む予定です。

他のジャンルの本については
何を持ち込むかはまだ未定です。
他のジャンルで、新刊あるかも、です。

参加される皆様、よろしくお願いします。
2012.08.11 Sat l お知らせ l COM(0) TB(0) l top ▲
2012年5月27日に
名古屋のラグーナ蒲郡で開催された
ラグーナ痛車ミーティング 2012の写真です。
例によって例のごとく勝手に撮影した写真が
ほとんどなので不都合があればご連絡を。
































続きはまた今度。
2012.08.08 Wed l mooの雑記 l COM(0) TB(0) l top ▲
予定通り、
館林痛車ミーティングに行ってきました。

今回は準備不足と、
暑さを侮っていたせいで、
少しばかり大変でしたけれど。

館林は暑いところですね。
毎年最高気温を叩き出すのはあの辺だから、
とは言うものの、
夏の暑さはどこも同じでしょ?
なんて侮っていたのが間違いでした。
暑いですね。本当に暑いですね。
先週の伊賀上野よりもさらに暑かったです。
暑くて死ぬかもと思ったのは初めてかもしれません。
目眩の程度が先週よりも酷かったです。
先週よりも多めに伊藤園のお茶を
持っていったのにもかかわらず、
飲んでも飲んでも怠さは消えず……
もう無理、これ以上いたら倒れる、
と思って度々休憩を取りながらの撮影。
なんだか手の震えが止まらなくて、
手ブレするんじゃないかと心配になってしまう程。
思えば、塩分補給が足りなかったんですね。
お茶じゃなくて、スポーツドリンク的なものだと、
良かったのかなぁ?
塩でも舐めていれば良かったのかなぁ?
昼ご飯を食べれば良かったのかなぁ?
今回の反省を踏まえて、
コミケ行くときは伊藤園のお茶から、
伊藤園のミネラル入り麦茶に
変えることにしました。
でも麦茶はまどマギキャンペーンの
対象商品じゃなかったんですね。

まぁ、そんなわけで、
へたりながら撮影していたものだから、
あまり捗らず、全車の撮影は無理でした。
暑さ対策さえしっかりとできていれば……。
とは言え、わざわざ遠征した甲斐あって、
初見の痛車が多くて楽しかったです。
どうしても、近所だと撮影したことのある車が
ほとんどになっちゃいますからね。
ちなみに、写真はまた後日。

あと、道の駅みょうぎは
あまり寝心地が良くなかったです。
まず、走り屋さんが多くてうるさい。
それから、標高400mだから少しは涼しいかと
期待していたけれど、
やはり伊賀上野の時よりも暑くて寝苦しかったです。
そして、会場まで80km以上も離れていたので、
のんびり寝ていたら予定よりも到着時間が
遅くなってしまって……。

帰りは帰りで、中央道を走って帰れば、
450km程度じゃないのかなぁ?
なんて思っていたら、
そう言えば中央道がどこを走っているのか
知らないことに気づく。
近くのICからすぐに乗れるんじゃないのかなぁ?
なんて調べもせずに考えていたら……
ナビで探してみても中央道がわからない……。
どうしたものかと悩んだ挙句、
よくわからない道を走って遠回りなんてしたら、
日付が変わる前に帰れないかも、
と思ってナビがお薦めする東名を走ることにしました。
一旦東京に行って、そこから東名に入る530km程の道のり。
中央道をあてにしていたから、
のんびりしすぎていて、出発した時間が17時。
案の定、渋滞だらけでした。
そもそも、会場から出るのに痛車の渋滞にはまるし、
東京に向かえばフェラーリ渋滞にはまるし。
フェラーリ渋滞って、フェラーリが故障していたせいで
渋滞していたっていう、迷惑な話です。
そんな壊れる車は他所で乗ってほしいものです。
やっぱり東名に向かう道は込んでいて、
豊田の辺りで酷く込んでいて。
それでもなんとかぎりぎり日付が変わった頃には
家に帰れました。
いつもは燃費重視で80km/hに設定するところですが、
今回は時間が無いのでレイ探にぎりぎり
怒られない程度にスピードをあげて。
それだけスピードをあげるとレベルアップのペースが
下がっちゃいますね。
それはそうと、200km/hまで設定できる
クルーズコントロールというのは、
急いでいるときは非常にありがたいですね。
おかげでなんとか帰り着けたので。

やっぱり関東まで遠征するときは3連休は欲しいですね。
そうしたら、帰りも長野か軽井沢辺りで
のんびり一泊して帰ったのに。

さて、帰りはそんなでしたが、
行きは一般道を走っていきました。
かかった時間はこんな感じです。
家を出発11:01
岐阜に入る13:00
長野に入る16:53
群馬に入る20:50
道の駅妙技に到着21:30
翌日9:00出発
栃木に入る10:47
会場に到着11:00くらい。
今回はナビのお薦めする、国道1号線を通る
ルートを避けて、走行距離の少ない長野を
通るルートにしました。

岐阜の道は休日らしくぼちぼちと
流れが滞っていて、あまり快適ではありませんでした。
それが、長野に入った途端一変して、
とても走りやすかったです。
突然辺りの風景が長閑になったかと思うと、
道が一車線になって。
でも交通量も信号の数も劇的に減って、
とても走りやすかったです。
川沿いの道は景色もよく、
60km/hではあるものの、
信号で止められることもほとんどなく、
端々と走りつづけるだけなので快適でした。
気温も低かったようなので、
この辺りで車中泊できたら快適だったかも知れませんね。

途中、軽井沢も通過しました。
これが噂に聞く、ブルジョワジーという名の渡り鳥が、
茶褐色の羽で夏に渡ってくる土地なのかと、
キョロキョロしながら走っていました。
いや、だって羽の一枚でも落ちていたら
記念に拾って帰りたいじゃないですか。
ここら辺も交通量も信号も少なく、
直線路が多くて走りやすかったです。

しかし、そこから群馬に抜ける、
中山道と言ったか。
百番代の三桁国道ですが、
これは酷道ではなかろうかと思うような道でした。
外灯もない真っ暗な山道。
舗装は荒れているし、道は狭い。
センターラインもない急なコーナーの続く
曲がりくねった道。
それなのに大型トラックがばんばん通る。
と言うよりも大型トラック以外とは
すれ違いませんでした。
車一台しか通れないような、
交互通行のトンネルもあったし。
鹿のような大型の野生動物が徘徊しているし、
狸のような小動物が、
ふらふらと車道を横断しているものだから、
動画に録りたくなってしまう程の
楽しい道でした。
ただ、こういう道ではアダプティブヘッドライトは
本当に便利ですね。
コーナーの先にある道を照らし出してくれるおかげで、
安心して走れます。

ただ、さすがに道の真ん中に猫が横たわっていると
びっくりしますね。
何あれ?ごみ?ビニール袋?
何だろう?と思いながら近づいてみたら、
ふてぶてしく猫が道の真ん中に横たわって、
私を睨み付けているのでした。
避けてくれないから、
もうちょっとで踏んでしまうところでした。
さすがに関東の猫はこの辺の田舎猫とは
根性が違いますね。

そう言えば、うちのレイ探がようやく
Lv500を越えました。
Lv500を越えたときに新しい
服が手に入りました。
着せ替えしてみたらレイたんがちっちゃくなりました。
メイドさんにも飽きてきたのちょうど良かったです。

ちょっと記念写真。
長野の道の駅で。
電車も川沿いに曲がりくねって走っていたせいか、
比較的ゆっくりなペースでした。


道の駅みょうぎの朝。





さて、次は夏コミですね。
あうとさろーねも開催されるようですが、
今回はパスしようかと思います。
なので、次回の痛車イベントは、
丹後半島ラリーで併催されるイベントを予定しています。
2012.08.08 Wed l mooの雑記 l COM(0) TB(0) l top ▲
2012年5月27日に
名古屋のラグーナ蒲郡で開催された
ラグーナ痛車ミーティング 2012の写真です。
例によって例のごとく勝手に撮影した写真が
ほとんどなので不都合があればご連絡を。
































続きはまた今度。
2012.08.07 Tue l mooの雑記 l COM(0) TB(0) l top ▲
2012年5月27日に
名古屋のラグーナ蒲郡で開催された
ラグーナ痛車ミーティング 2012の写真です。
例によって例のごとく勝手に撮影した写真が
ほとんどなので不都合があればご連絡を。
















こうやってみると、プリウスもカッコいい。


















続きはまた今度。
2012.08.03 Fri l mooの雑記 l COM(0) TB(0) l top ▲
もうすぐコミケですね。
ダンベルの様に重いカタログを眺めていると
わくわくが止まりません。

初めて夏コミに行こうという皆さん、
気を付けてください。

サンダルは止めた方がいいです。
カートに足を踏まれる危険性があって非常に危険です。
カートに踏まれて爪が割れて出血したという話も聞きます。
暑くてもサンダルはダメです。
踏まれても平気で、歩きやすい靴を履きましょう。

午前中から会場に行こうと考えている人は、
死なないでください。
暑いです。とても暑いです。とてもとても暑いです。
コミケの日は大抵晴れます。
それはもう苛酷なほどに晴れます。
水分補給をしないと死にます。
午前10時に入場待ち行列の最後尾に並んだ場合、
1時間程度で入場できる見込みです。
それはすなわち、1時間、遮るものが何もない
真夏の直射日光に焼かれ続けることを意味します。
私の経験上、1時間に1Lのペットボトルが空になります。
私がいつも並ぶ午前9時からだと、午前10:30頃に
入場できます。
待っている間に1.5Lの水分が必要になる計算です。
自動販売機をあてにしてはいけません。
列を離れて買いに行ったら……戻れなくなりますよ。
会場の中に自動販売機もありますが、
大抵行列ができています。
行列ができていない自動販売機があったとすれば、
きっと売切れになっている自動販売機です。
館内もエアコンはあまり期待できません。
ドアが全開になっている上に人が多すぎますから。
死なないでください。

割りと地獄な空間なので覚悟しておきましょう。
体が密着する程の真夏の満員電車で
エアコンが全く効いていない状態を想像してみてください。
誰かの汗臭い匂い、
同性の汗でぬめった触れ合う肌と肌、
暑さ、自由に動けない混雑、
時に襲われる自分はここで圧死するのかもしれないと思う程の
圧迫感。
それらを味わう場所がコミケです。
コミケをまるでお祭りか楽園であるかのように
語る人がいたら、
その人はちょっとおかしくなっちゃった人です。
真に受けてはいけません。

列は必ず最後尾に並びましょう。
当たり前の事です。
当たり前の事ですが、列が途中で分断されているのも
よくあることです。
列に並ぶときは本当にそこが最後尾かどうか
確認しましょう。
たいてい「列途中」か、「最後尾」の看板を
もった人がいます。

最後尾に並んだら「最後尾」看板を前の人から受け取って、
頭上に掲げましょう。
後ろに誰かが並んだら、その人に看板を托しましょう。

リュックよりも肩掛鞄をお薦めします。
買ったものをリュックにしまうためにいちいち立ち止まると、
通行の妨げになり非常に迷惑です。
壁際もあまり立ち止まれるスペースがありません。
すぐに荷物の出し入れができる
肩掛鞄をお薦めします。
カートは他の人の迷惑になるので控えることを推奨します。

赤い枠線の中は立ち止まり厳禁です。
立ち止まっていたらすかさず怒られます。
他の人が何人たむろしていようと関係ありません。
すぐに立ち退きさせられるので、
休憩は他の場所で。
まぁ、他に場所がないから、赤い枠線の中で
立ち止まってしまう人がいるのでしょうけれど。

コスプレを見たいなら午前中の方が空いている。
午前中の方が空いているけれど、
レイヤーさんも少ないのであまり楽しめないかも。
午後はレイヤーさんも増えるけれど、
買いものを終えた人が殺到するのでやっぱり激しく混雑します。
退場に1時間待とか……。
覚悟を決めて楽しんでください。

レイヤーさんに写真撮らせてもらうのに並んでも
しかたの無いことです。
並んでいても順番が回ってこないこともあるので注意が必要です。
コスプレ広場の写真撮影に関しては行列なんて意味がありません。
列なんて無視して他の人と一緒に撮らせてもらっても無問題です。
むしろそうすることが推奨されています。
割り込まれた!なんて怒るのは筋違いです。
暑い中、撮影する一人一人の相手をするレイヤーさんの
負担を考えれば当然の事と言えるでしょう。
戦い慣れたカメラ小僧の動きを見習うと効率的に
写真が撮れるかもしれません。

車で会場に行くのはお薦めしません。
特に午前中から行く場合は。
なぜって、どこも満車である可能性が高いからです。
止めるのなら、お台場辺りに止めて
ゆりかもめで移動するのが確実でしょうか。
まぁ、時間帯によってはゆりかもめも
大変混雑しているはずですが。

電車はSUICAなどを使いましょう。
もちろん券売機も乗り越し精算機も行列です。

サークルスペースの前は2列に並びましょう。
横に広がると周りのサークルに迷惑です。

東方スペースに行く人は頑張ってください。
さらに混雑します。
3日目の東館に行く人は頑張ってください。
さらに圧力が高まります。
圧死するかも、と思うのは大抵ここです。

携帯はつながりにくいので注意が必要です。
メール、通話共に。
連絡が取り合えないことがある、と
覚悟しておきましょう。
アンテナ車が来ているはずですが、
それでもつながりにくいです。
少なくとも、私のドコモは。

宿代をケチって、秋葉原近辺のネットカフェで
一夜を明かそうとしているなら、
注意が必要です。
早めに入店しましょう。
遅くなると秋葉原中のネットカフェはほぼ
満席になります。
「コミケ時期ですから(満席に決まっているだろ、
こんな時間にくるなんてバカじゃねぇの?)。
お待ち頂ければ(始発が動き出す頃には)案内できると思います」
とか言われる可能性が高いです。
秋葉原以外のネットカフェなら空きがあるでしょう。

会場で高額紙幣を使うのは避けましょう。
高額紙幣だと拒否される可能性があります。
おつりが準備できない、支払いに時間がかかるなどの
理由から、千円札を大量に準備しておきましょう。
もっとも、ひとつのサークルで大金を使用する場合は、
高額紙幣を使ってもいいかもしれませんね。
なお、会場付近でお金を崩すのは控えましょう。
同じ様な事を考えている人がいっぱいで、
千円札不足に陥っている可能性もあります。
事前に、千円札を大量に用意しておきましょう。

同様にATMもあまり期待してはいけません。
やっぱり行列ができているか、
そうでなければATMが空になっているかもしれません。

10時と16時にはみんな拍手をします。
開場と閉場のアナウンスに合わせて拍手をします。
アナウンスの聞こえない列の後ろの方にいても、
前から拍手が伝播してくるので大抵みんなやります。
気合いいれて拍手しましょう。
拍手しないなんて、ど素人丸出しです。

おまけ。
コミケの入場待機行列はこんな感じです。
2012.08.03 Fri l mooの雑記 l COM(0) TB(0) l top ▲
2012年4月30日に
名古屋のバイクセブンで開催された
痛moto 2012の写真です。
例によって例のごとく勝手に撮影した写真が
ほとんどなので不都合があればご連絡を。










































痛moto 2012の写真はこれで最後です。
次回からはらぐミ2012の写真です。
2012.08.02 Thu l mooの雑記 l COM(0) TB(0) l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。