上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
先日買ったばかりの傘の
試し撮りを兼ねて、撮影練習をしました。
本当に、練習です。
傘については過去の記事を参照ください。

何も適当な被写体がなかったので、
これにしました。

まずは構図的なところから。
窓際の机の上において、撮影しました。
奥から外光が入ってきている感じですね。
そのため、缶の影が伸びているわけですが。
これは缶の影を写そうかと思って
試してみた構図です。




もう一つは、影ではなく缶を写そうと
思った構図です。
とりあえず、画面の真ん中に置くとか
気持ち悪くて仕方がないので、
端の方に置いてみました。
私の好みではわずかにこっちの方が好きかなと。
前の写真は、もう少し影が濃く出ていれば
変わったかもしれませんが。




さて、まったく同じ環境で、傘を加えてみました。
傘にバウンスさせて撮ってみました。
決して外光を遮ったりなどしていません。
それなのに、すっぱりと外光が消えてしまいました。
そしてほとんど影ができないですね。
絵的な面白みは薄れたように感じるのですが、
しかし商品撮影的な用途にはこちらの方が
良いのかもしれませんね。




これはディフューザーをかぶせた
スピードライトの光を直接あてました。
影はしっかりと出ましたが、
面白みと言う点ではあまり私の好みではありません。
ただ、この写真から言えることは、ディフューザーを
使っても、やっぱり影が出るって事ですね。




次に、スピードライトを使用せず、
下に白のレフ板を敷いてみました。
レフ板のシワが……。




レフ板を敷いた状態に、
スピードライトを傘でバウンスさせてみました。
シワが綺麗に消えてなくなってしまいました。
このバウンス光はシワ消しに使えるかも……。




スピードライトを引っ込めて、
黒いレフ板を敷きました。
私はね、黒いレフ板もいいんじゃないかと
思うんですよ。
何だかシルバーや白のレフ板を持っている人が
多いですけれどね。
反射を抑えて影を強く引き立たせるような時には、
使えるんじゃないかな?と思っているんです。
今度、試してみたいです。




ココアの位置を動かしてみました。
レフ板上の白い埃とかが目立っちゃいますね。




スピードライトの光を傘でバウンスさせました。
背景が真っ黒になりましたね。
バウンス光は、黒を引き立たせる効果もあるようですね。




今回の練習の結論。
傘でバウンスさせた光は、
・影消しに使える。
・シワ消しに使える。
・コントラストが強くなる。
用途としては、
・商品撮影。
・人物撮影(お肌の具合を隠したりできそうかも)
・レフ板で光を起こすよりもより強い光が得られる
こんな感じじゃないかなぁと思います。
他に、何か面白そうな使い方ないでしょうか?
まぁ、いろいろ撮って練習したいのですが、
なかなか傘が使える場面って限られますよねぇ……
特に屋外撮影が多いと……。
スポンサーサイト
2013.01.29 Tue l mooの雑記 l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://unrepentant.blog67.fc2.com/tb.php/1017-e41d0041
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。