上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
先週の話になってしまうのですが。
梅の写真を撮りに行ってきました。
正確には、梅と蜂を絡めた写真を
撮りたかったのですが、
気がついたら蜂ばかり追いかけていました。
もっと大きく、はっきりと、くっきりと、
フサフサの蜂の体毛が撮れないのか?
一体どんな顔をしているんだ?
顔を良く見せろ!
ってぐらいに蜂ばかり追いかけていました。

蜂って難しいですね。
小さいし、速いし。
小さすぎて見つけるのが一苦労です。
見つけてもちょこまか動き回るから、
動きが読めません。
だから、流し撮りとか絶望的です。
一か所に止まっている時間があまりに短いから、
見つけて、近づいて、構えて、ピントを合わせていると、
シャッターを切る前にどこか行っちゃいます。
しかも、木の間を飛んでいくから、
逃げられたら追いかけられません。
蜂って、難しいですね。
一つの花に狙いを絞って、
蜂が来るまでそれをずっと狙いつづけていたら、
狙い通りのアップが撮れるでしょうか?

とりあえず、100mmの焦点距離では、
蜂を大きく撮ろうと思うと、
そうとうに近づかないと無理だということが
良くわかりました。
もっと焦点距離の長いレンズが必要でしょうか……。
このレンズじゃ、イメージしていた蛍の絵を撮るのは
難しそうな気がします……。
もっと焦点距離が長くて明るいマクロレンズって……
Canonは180mmでF3.5Lだけれど、
Sigmaは180mmでF2.8がある。
しかも手ブレ補正付き。

蛍はどこまで近づけるのでしょうか?
蜂は30cm程度までならゆっくり近づけば
逃げませんでしたが。
蛍はどうなんでしょう?

さて、梅を見に行って、
木を見上げずに足元を見つめるひねくれものが
私です。
足元に咲いていた草を。





梅とか桜って難しいですよね。
どちらも花それ自体は決して綺麗ではないと
思うのですよ。
少なくとも、綺麗な花は他にたくさんある。
桜や梅は、花びらの色、曲がり具合、
汚れ、くすみなど、いろいろあって、
綺麗に整った状態が少ないとも思います。
絵の主役をはれるような花ではないと思いますが、
でも、何かと絡めるだけでたちまち何かの物語の
ワンシーンが出来上がりそうな気がします。
桜とか梅はそんな感じで撮りたいのですが、
なかなか……。



これは桜?
ご婦人方がそう言っていました。





















まだ、これくらいしか咲いていない。







































今週分はまた後日。
スポンサーサイト
2013.03.16 Sat l mooの雑記 l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://unrepentant.blog67.fc2.com/tb.php/1054-bfc8d27d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。