上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
オートジャンボリー2013を見学しに、
埼玉自動車大学校まで行って参りました。
と言うか、やっぱりいつものように
痛車の写真を撮りに行っただけですが。
しかし、今年は去年よりも痛車の数が少なくて
少しがっかりです。
翌日に館林のイベントを控えていた影響でしょうか?
まぁ、そちらには参加せずに帰って来ましたが。
とは言え、やっぱり関東まで遠征した甲斐は
ありました。
近所の痛車イベントではお目にかかれない
痛車を見れたわけですから。
それにしても、ずいぶんと遠方から遠征されている方も
ちらほらと。

そう言えば、去年の夏の終わりに勢いでネタTシャツを
買ったのですが、やがて秋になって着る機会もなく……
でも、なかなか気に入っているんですよ。
「ほら、僕と契約して例のアレになってよ」
って前に書かれているのですが、
でもね、前じゃカメラ構えると見えないんですよね。
せめて背中に書いてあればなぁ、と不満だったのですが。
ボウッと突っ立っていたら、気づいてくれる方がいて
ちょっと嬉しかったです。それだけです。
ちなみに、例のアレは大人の事情で大きな声では
言えないようですが、
しかし、例のアレで十分に通じてしまうほどに有名な、
例のアレですよ。

さて、今回は新しいレンズを実戦投入したわけですが、
やはりいきなり使いこなすのは難しいですね。
まぁ、今まで24-70mmのズームレンズを使っていたから、
それが24mmに固定されただけ、
と考えれば割と今までと同じように撮れるのですが……
しかし、今までと同じ絵を撮りたくて新しいレンズを
高いお金出して買ったわけでもないので。
まぁ、ぼちぼち練習をしていきます。

でも、こんなところに来て宗教の勧誘をされるとはね、
まさか思いませんでしたよ。
こんな場所にスーツとは場違いな気もしたけれど、
まぁきっとコスプレだろうと思って
気にしていなかったのですが。
喫茶店で話をしていたら、
何やら宗教のありがたい効能の話をし出して……
何だかおかしいなぁ?と思ったら、
「一緒に幸せになりませんか?」的なお誘いでした。
「いや、そう言うのはちょっと……」
って控えめに断ったら、
「なぜですか?」とか聞かれても、
サラ金と宗教には手を出すなと言って育てられた私は、
反射的に拒否反応を示すわけで。
そしたらまたくどくどと話をし出しちゃうんですよ。
「この近くに支部があるから。10分だけでいいから、ね?」
とかって、詐欺臭いことを言い出す始末で。
「興味ないからいいですよ」って仕方なくはっきりと
言ったつもりなんだけれど、
「そりゃ、初めからそんなのに興味ある人はいないですよね?
いたらもうやってますよね?」
とか言って、またグダグダ言い出すから、
何だか、イラッとしちゃうわけですよ。
「この話まだ続けるんですか?私、この後予定があるんで」
って言っても、構わず話を続ける必死さは、
もはや胡散臭さしかなくて……。
「宗教とか、要らないですから!」
って言ってもまだ諦めない。
いい加減、もういいやって思っちゃうわけですよ。
ズズッとコーヒーを飲み干して、お金置いて出ていこうとしたら、
駐車場まで着いてくるって言うし……
帰る足がないから送れとか言われたら、
面倒くさいなぁと思いつつ……
「駅は徒歩五分のところにありますよ?
それともタクシー呼びましょうか?」
とでも言おうかなぁ?と思っていたら諦めて帰ってくれました。
時間を無駄にしました。
30を間近に控えた私は、
思えば大学生の若い子が語る人生の辛さなんて
鼻で笑ってしまえるほどには、
荒れた海を航海していたんだなぁと年を感じてしまう経験でした。
祈りなど何の役にも立たず、
何かを変えるのは願いとそれを実現する行動でしかないのだと
理解することが大人になることなのだと思うわけです。

あぁ、時間を無駄にしたなぁと思いつつ、
鷲宮神社へ。


埼玉自動車大学校って秋葉原にも鷲宮神社にも
近いところにあるんですね。


とは言え、やはり普通の神社ですから。
可愛い双子の巫女さんがいるわけでもなく……
特にこれといってすることもなく……
写真だけ撮って、早々に引き上げました。


と、言うよりも、
この写真を撮るために来たようなものですが。
このレンズなら、きっとこの景色を撮れば、
きっと面白いに違いない……と思って。



ついでに、今日も我が愛車を一枚。
きっとこの車でなければわざわざ埼玉まで
遠征しようなんて考えもしなかっただろうし、
片道13時間もかけて一般道を走ってこなかったはず。
ボンネットに鳥の糞付けられたのですが、
案外画像修正で綺麗に消えるものですね。



来週は、萌車オフin伊賀上野でしたかね?
比較的近所なので、また行ってきます。

それにしても……まさか、埼玉の道の駅が
満車だとは思いませんでした……。
家を午前10時に出発して、
予定していた道の駅に到着したのが14時間後の
日付の変わったころ。
道の駅「川口・あんぎょう」まさかの満車。
って言うか、駐車場狭いですね。
それと、やっぱり東京に近いから利用者が多いのでしょうか?
去年利用した道の駅「八王子滝山」も
広い割にほぼ満車だったし……
仕方がないので、気力をふり絞って
十数km離れた道の駅「庄和」へ移動しました。
こっちは普通に空いていてよかったです。
本当はナビが「秋葉原まで十数kmですが、
どうしますか?ご主人様」的な提案を
してきたような気がしたのですが、
UDX駐車場なら確実に止められるか……
この際ネットカフェとかでも……
と気が迷うそうになりつつも、
本来の目的を思い出して今回はやめておきました。
どうせ、お盆に行くし。
時期的なものなのか、
今回は寝苦しい暑さはまったくありませんでした。
夜の気温22度ほど。涼しいくらいで、
明け方は寒いくらいでした。
いつもこれくらいなら気持ちよく眠れるのに……。
さすがに14時間近くも運転していると
目、首、肩がどうしようもない程に
辛くなってしまうのですが……
何とかならないですかねぇ?
あと、この時期は革のシートが
どうやっても蒸れるのですが、
何とかならないですかねぇ?
もっとお高い車は、
シートから冷風が吹き出すと聞いたのですが……。
とは言っても、この自由気ままな旅の楽しさは
やめられません。
もはや痛車の撮影すら口実になってしまう程に、
旅は楽しいです。
走りたいだけ走って、寝て、起きたらまた走る。
幸せじゃないですか。
食べたいときに食べたいものを食べて、
寝たいときに寝たい場所で寝られるのですから、
不便でも自由を感じるわけです。
今度は、折りたたみのシートとテーブルを積み込んで、
夜風に当たりながらのんびり食べてみたいなぁと
次回の計画を練ってみたり。

この時期はやっぱり車中泊をしている人が多いわけですが。
ドアを開け放って休んでいたとある車の傍らに、
もふもふのぼろ切れのようなものが落ちている……
何だろう?と思ったら、犬でした。
見れば車のように他にももふもふが……
ひんやりと心地よい地面に体を預けながら、
夜風を浴びて、気持ちよさそうに寝ていやがるなぁと
眺めていたら、ふと首を持ち上げたもふもふと目があって。
途端、私は無性にそのもふもふが羨ましくなりました。
私も、欲しいなぁと。
欲しいけれど、あのもふもふも私の自由を蝕むものに違いない、
と思ったら、やっぱり思いとどまらざるを得ませんね。
いいさ、いいさ、私にはきゅうべぇがいるさ。

痛車の写真は、またそのうちに。
スポンサーサイト
2013.07.22 Mon l mooの雑記 l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://unrepentant.blog67.fc2.com/tb.php/1140-cc4d5d85
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。