上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
動画やら写真やらを保存し続けているせいで、
定期的にHDDの増設が必要なわけですが。
またしても残量がなくなってしまったので、
新しく1台買いました。

私的には日本メーカー製がお気に入りです。
海外メーカーのものと比べると、
カタログスペック上同等でも割高感は
否めないのですが……
私の経験上、やはり耐久性や信頼性を重視すれば日本製です。
十何年もパソコンを使いつづけていれば、
HDDの故障なんて珍しくもないわけですが。
やっぱり海外製のHDDは寿命が短いように感じます。
24時間365時間常時起動が私の基本的な使用方法です。
海外製は、3年程度で壊れます。
ところが日立GSTは驚きの3年保証!
初めて買ったときは本当に驚きました。

こういった電子機器は熱に弱く、
熱くなればなるほど寿命を縮めますから、
もちろんHDDクーラーなどを装着して、
冷却には配慮しているつもりなのですが……
3年程度で壊れてもらっては困ります。

なので、私は日立GST製のHDDを愛用しています。


実はパソコンには既に7台のHDDを搭載しているので、
これ以上内蔵は出来ないわけで……
そのため、バックアップ用のHDDは
HDDスタンドを利用してつないでいます。



HDDの利点は、手軽にHDDを交換できること。
このスタンドに、裸のHDDをガチャリと差し込むだけの手軽さ。
パソコンとの接続はUSB。
使い終われば引っこ抜いて、また別のHDDを差し込むだけ。
バックアップ用ですから、常に電源を入れておく必要もなく、
必要な時に必要なHDDを手軽につなげるので重宝しています。

高画質なデジタル一眼レフカメラなどで
写真や動画で撮影するとどうしても容量がかさんでしまい、
そのバックアップとなるともはやDVDやブルーレイでも
追いつかないくらいです。
HDDのバックアップはHDDにとるのが
お手軽でコストパフォーマンス的に優れていると思うわけです。
ただ、まぁ、HDDですから、
光学メディアよりも丁寧な扱いが必要ではありますが……。
重要なデータが入ったHDDなら、
静電気防止の袋に防湿剤と一緒に入れて、
耐火金庫に入れてもいいし。
そこまでしないなら、静電気防止の袋に入れて、
カメラ用の防湿ボックスに除湿剤と一緒に入れておいてもいいし。
まぁ、その状態で、何年持つかはわかりませんが。

話は戻りますが、HDDスタンドを使っていると、
HDDがどれくらい熱くなるか、
正に手に触れて実感することが出来ます。
海外製の比較的安価なHDDであれば、
結構熱くなります。
手で触れると驚くほどに。
HDDに読み書きしている最中はもちろんのこと、
そうでないときも常に熱いです。
ところが、日立GST製は格段に温度が低いわけです。
連続で読み書きしている最中はそれなりに
熱くなりますけれどね。
待機中はあまり熱くならないです。
海外製と触って比べてみれば体感出きるほどに明かです。
とは言え、やっぱり冷却対策は必要なので、
HDD使用時は冬でも扇風機の風で冷却しています。

熱は寿命に直結するので、
発熱が少ないのはそれだけで素晴らしい事です。
どうしても速度とか容量に目が行きがちですが、
私としては信頼性を重視したい所です。
むしろ、バックアップ用途なら速度が遅くても
大した問題ではありません。
頻繁に壊れてパソコンが止まっては困りますし、
データ消失のリスクもありますからね。

使いたいときにパソコンが使えないって、
本当に困りますからねぇ。

十数年以上前に買ったパソコンの40GBのHDD 2台は、
10年使いつづけてもついに一度も壊れず、
容量の少なさから使用を止めるまで、
現役で働きつづけてくれました。
多少高くても、それくらいの耐久性が欲しいのですが。

ちなみに、HDDと同じ程度に故障頻度が高いのが、
電源です。パソコンが突然動かなくなったら、
とりあえず電源を疑う程度には壊れます。
原因がわからなければとりあえず電源を
交換してみる程度には壊れます。
だから、容量よりも値段よりも信頼性が大事かと。
安いと1,2年で壊れるし……。

あと、ファン関係の外れ品の寿命の短さは異常です。
1年保ちません。
外れでなければ、割と長く使えますが。
故障の度にパソコン止めて、
蓋開けて交換する手間を考えれば……
高くても耐久性の高い物が欲しくなるわけです。
別に修理するのが好きでパソコン
使っているわけではないので。
スポンサーサイト
2013.11.24 Sun l mooの雑記 l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://unrepentant.blog67.fc2.com/tb.php/1253-7fcc61d9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。