上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
先日、京都をふらふらとドライブしていたところ、
対向車線に異様な形の車が。
流れるようなグラマラスなボディラインだとか、
空力だとはそんなちゃらついたものとはまるで無縁な感じで、
車というよりもまるで屋敷を思わせる様な重厚な佇い…
初めてみました、生ロールスロイス。
しかも運転手つきって……。

あれくらいの車ならそういうこともあるのかなぁと思ってみたり。
でも、車の運転をお金を払ってまで人にやらせるだなんて、
酔狂な人もいるものですね。

すれ違っただけなのでじっくりみれませんでしたが…
どんな車なのかな?って気になりますね。
乗ってみたいと思わせるカッコよさはないのですが…。
あれならジャガーとかの方がずっとかっこいいなぁ。

さて、驚いたのはそこではなくてですね、
数時間後、帰りにはそのロールスロイスが止まっていた
車線を通ったわけなのですが……
まだ止まっているよ、ロールスロイス!
いつまで路駐してるんだよ!
ってところでもなくてですね、
あれ……運転主さんがまだ車の前に立ってる!
さっきと同じ、助手席の(ひょっとしてこの車は左ハンドルか?
だとしたら運転席の)前で主の帰りを待って、
じっと佇んでいる……
プロの運転手、すげぇ!と感動しました。
なるほど、ロールスロイスを転がすには、
それほどの精神力が必要だというのですね。
5度ほどの冬の冷たい空気の中で、ご苦労な事です。

って言うか、駐車場に止めればいいのに。
京都って2車線ある道路は基本右側が走行車線ですよね。
左はこういう路駐している車が多いから走りにくいですよね。
スポンサーサイト
2012.02.18 Sat l mooの雑記 l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://unrepentant.blog67.fc2.com/tb.php/759-47176feb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。