上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
さて、修理用にパーツを購入しました。
最近の値下がり具合に驚いてしまいました。
CPUが5000円を下回る価格で買える!
Pentium IIIで不満なく動いていたサーバですから、
当然今時のCPUであれば何を選んでも不満など
でようはずがありません。
重視するのは消費電力。
電力使用を抑え、そして発熱の少ないものを。
PentiumのなんとやらというCPUが4千円台で買えました。
びっくりです。

マザーボードも安かったです。
ハイスペックなマザーボードは当然高いのですが、
私が重視するのは耐久性と拡張性。
高いものが耐久性が高いかというと、
そんなことはないと思います。
高いものはいろんな機能を盛りこんでいるだけで、
特段耐久性が高いということはない印象を受けます。
保証が1年だろうが、3年だろうが、
壊れるものは壊れるんです。
粗悪品でなければいいかと思って、
選んだマザーボードは6千円でした。
かつてに比べるとずいぶんと安くなったものですね。

メモリも4GBが2枚で4千円程度。
安いですね。

CPUクーラー4千円程度。
CPUと同じくらいの値段ですね。
パソコンの信頼性向上のためには
何よりも冷却が大事だと思います。
なので、CPUクーラーはCPUの付属品ではなく、
冷却を重視して別途購入。
本当は7千円くらいのものにしようかとも思ったのですが、
ちょっとオーバースペック過ぎる気がして。

電源ユニットにはお金をかけました。
安全性、信頼性、低消費電力を重視しての選択です。
550W程度で1万5千円程度。
パソコンがショートモードで壊れたときに、
電源供給を止めてくれる様な電源でないと、
火災の恐れがあるわけで。
あと、電源ユニットはわりと壊れる部品なので、
そこも耐久性を重視して。
安定動作のためにはきれいな電源を供給したいので、
とにかくお金をかけていそうな製品を選定。

あと、HDDを新調。
日立GSTのHDDはなんと3年保証が付いていました。
びっくりです。
しょぼいHDDだと、3年程度で壊れてしまうというのに。

現在Amazonで発注したパーツの
到着を待っている所です。
部品は既に取り外してあるので、
次回は組み付けと、OSのインストールです。
スポンサーサイト
2012.04.08 Sun l mooの雑記 l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://unrepentant.blog67.fc2.com/tb.php/801-9d562fb3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。