上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
予定通り、
館林痛車ミーティングに行ってきました。

今回は準備不足と、
暑さを侮っていたせいで、
少しばかり大変でしたけれど。

館林は暑いところですね。
毎年最高気温を叩き出すのはあの辺だから、
とは言うものの、
夏の暑さはどこも同じでしょ?
なんて侮っていたのが間違いでした。
暑いですね。本当に暑いですね。
先週の伊賀上野よりもさらに暑かったです。
暑くて死ぬかもと思ったのは初めてかもしれません。
目眩の程度が先週よりも酷かったです。
先週よりも多めに伊藤園のお茶を
持っていったのにもかかわらず、
飲んでも飲んでも怠さは消えず……
もう無理、これ以上いたら倒れる、
と思って度々休憩を取りながらの撮影。
なんだか手の震えが止まらなくて、
手ブレするんじゃないかと心配になってしまう程。
思えば、塩分補給が足りなかったんですね。
お茶じゃなくて、スポーツドリンク的なものだと、
良かったのかなぁ?
塩でも舐めていれば良かったのかなぁ?
昼ご飯を食べれば良かったのかなぁ?
今回の反省を踏まえて、
コミケ行くときは伊藤園のお茶から、
伊藤園のミネラル入り麦茶に
変えることにしました。
でも麦茶はまどマギキャンペーンの
対象商品じゃなかったんですね。

まぁ、そんなわけで、
へたりながら撮影していたものだから、
あまり捗らず、全車の撮影は無理でした。
暑さ対策さえしっかりとできていれば……。
とは言え、わざわざ遠征した甲斐あって、
初見の痛車が多くて楽しかったです。
どうしても、近所だと撮影したことのある車が
ほとんどになっちゃいますからね。
ちなみに、写真はまた後日。

あと、道の駅みょうぎは
あまり寝心地が良くなかったです。
まず、走り屋さんが多くてうるさい。
それから、標高400mだから少しは涼しいかと
期待していたけれど、
やはり伊賀上野の時よりも暑くて寝苦しかったです。
そして、会場まで80km以上も離れていたので、
のんびり寝ていたら予定よりも到着時間が
遅くなってしまって……。

帰りは帰りで、中央道を走って帰れば、
450km程度じゃないのかなぁ?
なんて思っていたら、
そう言えば中央道がどこを走っているのか
知らないことに気づく。
近くのICからすぐに乗れるんじゃないのかなぁ?
なんて調べもせずに考えていたら……
ナビで探してみても中央道がわからない……。
どうしたものかと悩んだ挙句、
よくわからない道を走って遠回りなんてしたら、
日付が変わる前に帰れないかも、
と思ってナビがお薦めする東名を走ることにしました。
一旦東京に行って、そこから東名に入る530km程の道のり。
中央道をあてにしていたから、
のんびりしすぎていて、出発した時間が17時。
案の定、渋滞だらけでした。
そもそも、会場から出るのに痛車の渋滞にはまるし、
東京に向かえばフェラーリ渋滞にはまるし。
フェラーリ渋滞って、フェラーリが故障していたせいで
渋滞していたっていう、迷惑な話です。
そんな壊れる車は他所で乗ってほしいものです。
やっぱり東名に向かう道は込んでいて、
豊田の辺りで酷く込んでいて。
それでもなんとかぎりぎり日付が変わった頃には
家に帰れました。
いつもは燃費重視で80km/hに設定するところですが、
今回は時間が無いのでレイ探にぎりぎり
怒られない程度にスピードをあげて。
それだけスピードをあげるとレベルアップのペースが
下がっちゃいますね。
それはそうと、200km/hまで設定できる
クルーズコントロールというのは、
急いでいるときは非常にありがたいですね。
おかげでなんとか帰り着けたので。

やっぱり関東まで遠征するときは3連休は欲しいですね。
そうしたら、帰りも長野か軽井沢辺りで
のんびり一泊して帰ったのに。

さて、帰りはそんなでしたが、
行きは一般道を走っていきました。
かかった時間はこんな感じです。
家を出発11:01
岐阜に入る13:00
長野に入る16:53
群馬に入る20:50
道の駅妙技に到着21:30
翌日9:00出発
栃木に入る10:47
会場に到着11:00くらい。
今回はナビのお薦めする、国道1号線を通る
ルートを避けて、走行距離の少ない長野を
通るルートにしました。

岐阜の道は休日らしくぼちぼちと
流れが滞っていて、あまり快適ではありませんでした。
それが、長野に入った途端一変して、
とても走りやすかったです。
突然辺りの風景が長閑になったかと思うと、
道が一車線になって。
でも交通量も信号の数も劇的に減って、
とても走りやすかったです。
川沿いの道は景色もよく、
60km/hではあるものの、
信号で止められることもほとんどなく、
端々と走りつづけるだけなので快適でした。
気温も低かったようなので、
この辺りで車中泊できたら快適だったかも知れませんね。

途中、軽井沢も通過しました。
これが噂に聞く、ブルジョワジーという名の渡り鳥が、
茶褐色の羽で夏に渡ってくる土地なのかと、
キョロキョロしながら走っていました。
いや、だって羽の一枚でも落ちていたら
記念に拾って帰りたいじゃないですか。
ここら辺も交通量も信号も少なく、
直線路が多くて走りやすかったです。

しかし、そこから群馬に抜ける、
中山道と言ったか。
百番代の三桁国道ですが、
これは酷道ではなかろうかと思うような道でした。
外灯もない真っ暗な山道。
舗装は荒れているし、道は狭い。
センターラインもない急なコーナーの続く
曲がりくねった道。
それなのに大型トラックがばんばん通る。
と言うよりも大型トラック以外とは
すれ違いませんでした。
車一台しか通れないような、
交互通行のトンネルもあったし。
鹿のような大型の野生動物が徘徊しているし、
狸のような小動物が、
ふらふらと車道を横断しているものだから、
動画に録りたくなってしまう程の
楽しい道でした。
ただ、こういう道ではアダプティブヘッドライトは
本当に便利ですね。
コーナーの先にある道を照らし出してくれるおかげで、
安心して走れます。

ただ、さすがに道の真ん中に猫が横たわっていると
びっくりしますね。
何あれ?ごみ?ビニール袋?
何だろう?と思いながら近づいてみたら、
ふてぶてしく猫が道の真ん中に横たわって、
私を睨み付けているのでした。
避けてくれないから、
もうちょっとで踏んでしまうところでした。
さすがに関東の猫はこの辺の田舎猫とは
根性が違いますね。

そう言えば、うちのレイ探がようやく
Lv500を越えました。
Lv500を越えたときに新しい
服が手に入りました。
着せ替えしてみたらレイたんがちっちゃくなりました。
メイドさんにも飽きてきたのちょうど良かったです。

ちょっと記念写真。
長野の道の駅で。
電車も川沿いに曲がりくねって走っていたせいか、
比較的ゆっくりなペースでした。


道の駅みょうぎの朝。





さて、次は夏コミですね。
あうとさろーねも開催されるようですが、
今回はパスしようかと思います。
なので、次回の痛車イベントは、
丹後半島ラリーで併催されるイベントを予定しています。
スポンサーサイト
2012.08.08 Wed l mooの雑記 l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://unrepentant.blog67.fc2.com/tb.php/893-34acf9eb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。