上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
涼宮ハルヒとは、
もちろんあの涼宮ハルヒの憂鬱に登場する
彼の少女の事です。

そのアニメの曲を
東京フィルハーモニー交響楽団の
オーケストラで演奏されたものを収めたのが、
この涼宮ハルヒの弦奏です。

アニメの曲をオーケストラで演奏すると、
どうなるか?
それはもうそれだけで一つの完成された
別の作品の様に素晴らしいものとなりました。

アニメで聞きなれたはずのあの曲が、
雄大に生まれ変わっています。
もともと涼宮ハルヒの憂鬱は、
壮大な物語でしたが、
オーケストラで演奏されると
物語の世界とはまた違った
荘厳な世界が奏でられています。
原作は原作、アニメはアニメ、
オーケストラはオーケストラ、
と言ってもいいほどに、
この演奏は一つの雄大な世界を作っていると思います。

音も良いのですが、映像もとても綺麗です。
決してアニメーションがあるわけではありません。
公演の様子を、演奏の一部始終を映しているだけなのですが、
幾十もの楽器が音楽を奏でる様は
見ているだけで引き込まれてしまいます。
美しい楽器と奏者の巧みな演奏によって
生み出される涼宮ハルヒの世界は、
ただの音楽だとは思えないほどに引き込まれます。

オーケストラには、
他では奏でられないような奥深い響きが
あるんだと私は思います。

私的には、見て聞いているだけで
面白い映画を食い入ってみているときの様に、
ついつい引き込まれてしまいます。
それほどに良い作品でした。
できることなら、観に行きたかった。
家で聞いていると、周囲の騒音でつい現実に引き戻され、
興が覚めてしまうのですが、
会場で聞いて入ればそんなことは無いのでしょう。
けれども、演奏される映像の美しさは、
決して生では見ることができず、
それが見られるだけでも生ではないという欠点を
補って余りある魅力だと思います。

さて、ちょっと話は逸れるのですが、
BOSEの301Vというスピーカーで
このDVDを見ていたのですが、
やはりとても良いですね。
アンプのボリュームを12時の位置くらいまで
あげて聞いてみると、とても良く響いてくれます。
このスピーカーでアニソンなんかを聞いていると、
物足りない感じがしていたのですが……
オーケストラの様に幾十もの楽器で
奏でられる様な音楽は、とても良く響きますね。
まるでホールの特等席で聞いているかのような臨場感、
と言っても過言ではないかも知れませんね。
音楽は耳で聞くのではなく、
体全体で振動を感じるものなんだ、
と思わせてくれるほどに良く響きます。
まぁ、集合住宅では難しいことかもしれませんが。

そんなわけで、
それなりのスピーカーで鳴らすと、
この弦奏はとても幻想的なものということで、
興味のある人は是非。
CDもあるのですが、DVDの方が安いです。

DVDはこれ。

こっちはCD。

スポンサーサイト
2012.10.28 Sun l mooの雑記 l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://unrepentant.blog67.fc2.com/tb.php/944-a88214bd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。